★ダーツの投げ方★

ダーツ

☆ダーツの投げ方☆

ダーツの投げ方



 

☆ダーツの投げ方☆


ダーツの投げ方は上級者でも様々な投げ方の人がいるので、変則的な

フォームの人もたくさんいます。

 しかしそういった方たちは基本を知った上でなげているので、ここでは

ダーツの投げ方
の基本を紹介したいと思います。

 まず、構え方ですが、これもダーツを投げるのには重要なポイントの一

つです。構えたときに体がふらついたり、力が入りすぎたり、構えが安定

しないとコントロールも安定しません。下半身がしっかりとし、安定するこ

とにより、姿勢もよくなり、スローイングも安定してきます。

 ダーツを投げるときは自分でポイントを決めて練習するのが上達の近

道です。構えで重要なのは、自分の効き目で狙いを定めることと、体を

前のめりにしないこと。 背筋をたてて構えましょう。

 効き目を確かめるには、右目を左目を交互にとじて投げてみて自分が

狙ったところに近いほうが効き目といえるでしょう。

 また構えるときの肘の位置は矢を投げるときに肘が下がらないように

楽に構えられる位置がよいです。

 狙った場所にむけて地面から垂直になるように構えましょう。肘はダー

ツを投げるときの支点となるので、不自然な高さで構えてしまうと肘がう

ごいてうまく投げられません。支点はなるべく固定してうごかないように

投げるのがコントロールをつけるコツです。

 しばらく投げていると自分のクセや飛んで行きやすい場所が出でくると

思うのでその点も考慮して自分にあった投げ方を見つけてみましょう。

                  チェックポイント
1 下半身の安定 利き腕のほうの足を前に出し、背筋が前のめりにな
             らないように構えよう。

2 効き目      矢を構える位置を効き目の前に構えましょう。

 肘の位置   ダーツを投げるとき肘が動いたりさがってはいけませ
            ん。肘が下がらないように投げられる位置で構えまし
            ょう
買いまくった
ダーツの本とかDVDを買いまくって、研究して、私が半年〜一年足らずでAフライトになった方法はコチラ


 
   メニュー
ダーツの歴史
ダーツの基礎
ダーツの持ち方(グリップ)
ダーツの投げ方
ダーツの練習
ダーツのルール
ダーツバーに行ってみよう
ダーツ用語集
ダーツボードを部屋に設置してみよう
ダーツアレンジ表





ダーツに関する
情報はココ!!
↓↓


相互Link募集中です!!
E-mail:までご連絡ください、お待ちしております。
(ビジネス、アダルト関係はご遠慮させていただいております。)
☆ダーツLover☆

リンクフリーです!!
こちらののバナーをご自由にお使いください!!
Copyright (C)  All Rights Reserved